『認知心理学研究』第18巻 第2号

『認知心理学研究』 第18巻 第2号(2021年2月)

目次

  • 原著/妨害刺激の抑制に無視手がかりが与える影響:事象関連電位による検討(川島朋也・松本絵理子)

  • 会報
    日本認知心理学会第18回総会仮決議報告
    2019年度決算
    2020年度予算
    2020年度新規事業計画案
    公開シンポジウムの報告
    受領図書
    お知らせ
    日本認知心理学会 会則
    日本認知心理学会選挙細則
    「認知心理学研究」諸規程

Abstract

原著/妨害刺激の抑制に無視手がかりが与える影響:事象関連電位による検討

川島朋也(情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター)
松本絵理子(神戸大学大学院国際文化学研究科)

  近年の研究から,視覚探索課題において実験参加者が妨害刺激の特徴を事前に知っていれば,無視すべき項目はトップダウンに抑制されることが示されている(無視手がかり効果).しかしながら,無視手がかりを用いた妨害刺激抑制の処理過程については未解明な点が多い.本研究では,事象関連電位(ERP)を指標とし,無視すべき刺激は注意選択後に抑制されているのか否かを検証した.実験の結果,無視すべき刺激は先行するN2pc成分なしにPd成分を誘発した.また,同じ視覚探索画面で,注目手がかり条件ではPd成分の誘発は認められなかった.これらの結果は,無視手がかりによる妨害刺激の抑制にはトップダウンの抑制が重要な役割を果たし,注意の捕捉を回避していることを示唆する.
キーワード: 注意,妨害抑制,妨害刺激の手がかり,N2pc,Pd

学会誌・レポート

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+




学会誌・レポート

PAGETOP
Copyright © 日本認知心理学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.