9/29 〆切:公立はこだて未来大学 教員公募について
この度,本学では以下の教員を公募することとなりました。

1.職名 准教授または教授 1名
2.所属 システム情報科学部 メタ学習センター
3.担当分野 学習デザイン分野
4.締切 2017年9月29日(金)必着

詳細につきましては,こちらをご覧ください。

 https://www.fun.ac.jp/recruit201802/

各位

(複数のMLにてご案内させていただいております.

重複してお受け取りの際はご容赦ください.)

電子情報通信学会ヒューマン情報処理(HIP)研究会では,

2017年10月23日(月)~24日(火)に,京都テルサにおいて

下記の研究会を開催いたします.

テーマは「眼球運動(調節,瞳孔を含む)」「空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等)」です.

テーマ発表に限らず,ヒューマン情報処理一般の発表も受け付けております.

奮ってご発表,ご参加下さいますようよろしくお願いいたします.

講演申込み締切を,7月31日から8月9日(水)に延長いたしました.

締切に間に合わず申し込みを見送られた方も,改めてご検討下さると幸いです.

【テーマ】「眼球運動(調節,瞳孔を含む)」「空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等)」「ヒューマン情報処理一般」

【期 間】2017年10月23日(月)~24日(火)

【会 場】京都テルサ 視聴覚研修室(京都市南区東九条下殿田町70番地)

     http://www.kyoto-terrsa.or.jp/

【申込締切】2017年8月9日(水)← 締切を延長しました!

【原稿締切】2017年10月2日(月)

【注 意】原稿枚数は6ページまで(2ページのみも可)

     観光シーズンの京都のため,宿泊施設の早めの予約をお勧めします.

【共催】日本光学会視覚研究グループ

【発表申込み先】下記研究会発表申込システムからお申し込み下さい.

        http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-HIP

【お問い合わせ】坂野雄一(情報通信研究機構・HIP研究会幹事)

        yuichi [at] nict.go.jp

国際ジャーナル掲載情報

|

Authors: Makoto Ichikawa, Yuko Masakura (一川誠,政倉祐子)

Title: Motion capture depends upon the common fate factor among elements.

Journal(書誌情報): Perception

doi: 10.1177/0301006617720123

論文URL: http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/0301006617720123

Abstract:
When observers move the head backwards and forwards while fixating on the center of the concentric circles that consist of oblique lines, they see illusory rotation of those circles. If several dots are superimposed on the proximity to the inner concentric circles, observers see the illusory rotation not only for the circles but also for the superimposed dots. This illusory rotation of the dots is based on motion capture. In this study, in order to understand the basis of the motion capture, we examined how motion signal with different directions (rotation, expansion/contraction, and horizontal translation) in terms of motion on a display, as well as illusory motion signal from the oblique components, affects the motion capture. If the stimulus presented rotation with expansion/contraction, or rotation with horizontal translation for the entire stimulus, then observers tended to perceive motion capture for the superimposed dots. However, if the stimulus presented only rotation of the circles, then observers tended to perceive induced motion for the superimposed dots. These results suggest that the existences of the common fate factor for the entire stimulus determine the means of allocating and integrating the motion signal in each element in the stimulus to generate motion capture.

著者Contact先の email: michikawa[at]chiba-u.jp

日本語によるコメント(オプション,200-300字で):
運動捕捉とは,静止した刺激が,運動する刺激と同じ方向に動いているように見えるという錯視現象である.運動捕捉が生じると,運動刺激とは逆に動いて見える誘導運動とは反対の方向の動きが見えることになる. 今回の論文では,Pinna錯視を用いた実験により,刺激全体にかかわる共通の運動的特性,つまりは「共通運命」があれば運動捕捉が生じるのに対し,そうした共通の運動的特性がなければ誘導運動が生じるのかが決められることが示された.これらの結果は,視覚系が,刺激間の共通運命特性に従って視野内の要素への運動情報の割り当て様式を決めることを示唆している.

国際ジャーナル掲載情報

|


Authors: Shigemune Y., Tsukiura T., Nouchi R., Kambara T., Kawashima R.

Title: Neural mechanisms underlying the reward-related enhancement of motivation when remembering episodic memories with high difficulty

Journal(書誌情報): Human Brain Mapping, 38(7), 3428-3443, 2017

doi: 10.1002/hbm.23599

論文URL: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/hbm.23599/full

Abstract:
The motivation to receive rewards enhances episodic memories, and the motivation is modulated by task difficulty. In episodic retrieval, however, functional neuroimaging evidence regarding the motivation that mediates interactions between reward and task difficulty is scarce. The present fMRI study investigated this issue. During encoding performed without fMRI, participants encoded Japanese words using either deep or shallow strategies, which led to variation in difficulty level during subsequent retrieval. During retrieval with fMRI, participants recognized the target words in either high or low monetary reward conditions. In the behavioral results, a reward-related enhancement of memory was found only when the memory retrieval was difficult, and the rewarding effect on subjective motivation was greater in the retrieval of memories with high difficulty than those with low difficulty. The fMRI data showed that reward-related increases in the activation of the substantia nigra/ventral tegmental area (SN/VTA), medial temporal lobe (MTL), dorsomedial prefrontal cortex (dmPFC), and dorsolateral prefrontal cortex (dlPFC) were greater during the retrieval of memories with high difficulty than those with low difficulty. Furthermore, reward-related enhancement of functional connectivity between the SN/VTA and MTL and between the SN/VTA and dmPFC during the retrieval of memories with high difficulty was significantly correlated with reward-related increases of retrieval accuracy and subjective motivation. The reward-related enhancement of episodic retrieval and retrieval-related motivation could be most effective when the level of retrieval difficulty is optimized. Such reward-related enhancement of memory and motivation could be modulated by a network including the reward-related SN/VTA, motivation-related dmPFC, and memory-related MTL.

著者Contact先の email: gemune{at}gmail.com, tsukiura.takashi.6c{at}kyoto-u.ac.jp


Authors: Yamawaki R., Nakamura K., Aso T., Shigemune Y., Fukuyama H., Tsukiura T.

Title: Remembering my friends: Medial prefrontal and hippocampal contributions to the self-reference effect on face memories in a social context

Journal(書誌情報): Human Brain Mapping, 38(8), 4256-4269, 2017

doi: 10.1002/hbm.23662

論文URL: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/hbm.23662/full

Abstract:
Memories associated with the self are remembered more accurately than those associated with others. The memory enhancement related to the self is known as the self-reference effect (SRE). However, little is known regarding the neural mechanisms underlying the SRE in a social context modulated by social relationships. In the present fMRI study, we investigated encoding-related activation of face memories encoded with the self-referential process in a social context that was manipulated by imagining a person-to-person relationship. Healthy young adults participated in the present study. During encoding, participants encoded unfamiliar target faces by imagining a future friendship with themselves (Self), their friends (Friend), or strangers (Other). During retrieval, participants were presented with target and distracter faces one by one, and they judged whether each face had been previously learned. In the behavioral results, target faces encoded in the Self condition were remembered more accurately than those encoded in the Other condition. fMRI results demonstrated that encoding-related activation in the medial prefrontal cortex (mPFC) was significantly greater in the Self condition than in the Friend or Other conditions. In addition, the generalized psycho-physiological interaction (gPPI) analysis showed that functional connectivity between activation in the hippocampus and the cortical midline structures (CMSs), including the mPFC and precuneus, was significant in the Self but not in the Other condition. These findings suggest that the SRE in a social context could be involved in the interaction between the CMS regions, which are related to the self-referential process, and the hippocampus related to the memory process.

著者Contact先の email: yamawaki{at}kuhp.kyoto-u.ac.jp, tsukiura.takashi.6c{at}kyoto-u.ac.jp

IDE大学セミナー「人工知能と教育 -人工知能と人間の共進化を促進する教育とは-」

日 時    2017年8月25日(金) 13:30~17:40
会 場    京都大学楽友会館 2F 会議・講義室
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/rakuyu/access.html
話題提供
  1) 人工知能を活用した21世紀型スキルの育成
    楠見 孝(京都大学大学院教育学研究科 教授)
  2) 新しい技術の時代を生きる人間を育てる
    鈴木宏昭(青山学院大学教育人間科学部 教授)
  3) 人工知能が浸透する社会を考える
    江間有沙(東京大学総合文化研究科 特任講師)
  4) 人工知能と社会について考えるワークショップ開催報告
    藤堂健世(東京工業大学情報理工学院情報工学系D1)
  5) 人工知能の活用は人間の学習をどのように変えるか?
    ―今後10年の展望と30年後の予測―
    市村賢士郎(京都大学大学院教育学研究科D3)
  <全体討議>
  司会 小山田 耕二(京都大学学術情報メディアセンター教授)

参加費  無料(要申し込み)(※懇親会会費3,000 円)
参加申込方法   氏名、連絡先、所属名、職名、懇親会の出欠を明記し、電子メールかFAX でお申込みください。
参加申込先  京都大学総務部広報課付 IDE 大学協会近畿支部事務局
           TEL(075)753-2070  FAX(075)753-2094
           E-mail / ide_seminar[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

           

詳細は下記をご覧下さい。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/social/events_news/office/soumu/koho/event/2017/170825_1606.html http://ide-web.net/newevent/blog.cgi?category=005

日本認知心理学会会員の皆様,

このたび,日本認知科学会の学会誌「認知科学」で下記の特集号を計画しております.
タイトルやテーマは「柔軟に」解釈していただいて結構ですので,ぜひたくさんのご投稿をお待ちしております.

ご質問などもご遠慮なく,下記のアドレスにお送りください!

       筑波大学 原田悦子

---------

『認知科学』特集論文募集のお知らせ

特集タイトル:車,運転あるいはモビリティをめぐる認知科学
http://www.jcss.gr.jp/news/jcss/entry-265.html

掲載予定巻号:第25巻3号(2018年9月発行)

担当編集者:
原田悦子(筑波大学),須藤智(静岡大学),篠原一光(大阪大学),新垣紀子(成城大学)

---------------

●企画趣旨

 近年,データ科学,人工知能が大きく社会の注目を集め,普通の人の日常生活も含めて「変革をもたらす」技術として受け止められている.その主たる適用先の一つが,自動車やその展開としてのモビリティ,およびそれらをとりまく多様な技術である.

 自動車は,「普通の人」すなわち非専門家が日常的に利用する「高度で大型の」人工物であること,また大きな利便性と同時にリスクを有し,そのリスクが「その主たる利用者」以外,すなわち自動車と同じ空間にいる歩行者や他の乗り物(の乗り手)にも及ぶこと,自動車による交通網における変更は現代社会・産業におけるインフラとして多方面な大きな影響を与えうることなど,人および人の世界に対する直接的な大きな影響力をもっている.

 また,古くから「拡張した身体性」の典型例として車が挙げられるように,人が車なしでは持ち得なかった(高速移動や視覚的フローなど)「新しい世界観」をもたらす人工物の典型例としても代表的な存在であろう.一方で,少しでもその実際の認知的メカニズムを認知科学の俎上に載せようとしてみると,その複雑さはとても単純な実験室実験ではとらえきれない「迅速,多重化,複雑な意思決定」の総合体である.このように車やモビリティの周辺では,認知科学の視点からみても「興味深い,解くべき問題」の集積でもある.

 そこで,本特集では,こうした自動車やその展開としてのモビリティ技術をとりまく様々な状況とその認知過程に関する問題,またそこでの新たな変化が人・その認知過程に与える影響,そこに関連する文化・社会的要因は何か,などなど,認知科学研究者として,新しい自動車関連技術に対して,どのような問題にどのように対応をしていけばよいのか,議論の場を設けることを目的として,本誌の特集としたい.

●特集で扱う論文

本特集では,何らかの形で,車やモビリティ技術,その変化,その構成要素などに関与しているあらゆるテーマに関する認知科学の論文を広く募集します.

下記はその中の一例です:

  • 自動車の運転技能に関係するような,高度な認知的過程やその神経科学的メカニズム,そうした分析による認知科学全体への示唆など.
  • 自動車の技術革新,システム変化などから見えてくる,人と技術との関係性に関する研究
  • ICT技術やビッグデータ,データ科学を活用した「自動車とその利用」全体の変化,その影響に関する研究
  • 人との相互作用,あるいは人をシステムの一部として含むヒューマン―マシンシステムとして,自動車にかかわるヒューマン・インタフェース研究
  • 車を介した人-人の相互作用,人の行動を含む交通システムなどの研究
  • 超高齢社会における車と人の関係,社会の持続可能性を考慮すべき時代の人-社会と車の関係など,現代社会の問題を背景とした人-車-社会に関する研究
  • 認知科学的視点から考える,さらなる自動車技術,トランスポーテーション技術の可能性

●応募方法

 本特集では,事前エントリー方式で原稿を募集する.執筆を希望する場合は,事前エントリーをすませた上,期日までに論文原稿を送付する必要がある.

事前エントリー:2017年11月1日(水)までに,論文タイトル,論文種別(研究論文,展望論文,ショートノート),著者氏名・所属・連絡先(住所,電話番号,e-mailアドレス),1000字程度のアブストラクト,キーワード(5個程度)を電子メールにて提出する.件名は「認知科学25?3事前エントリー」とすること.

論文提出:事前エントリーを済ませた著者は,2018年1月10日(日)までに本論文を電子メールにて提出する.件名は「認知科学25?3投稿」とする.投稿する論文は,『認知科学』の投稿規定,執筆規程にしたがうものとする.

●提出先

 事前エントリー,論文提出ともに,以下のアドレスに提出するものとする.

  jcss2018auto[at]googlegroups.com

 なお,提出後数日以内に,受領確認のメールを著者に送付する.

●スケジュール

 おおむね下記のようなスケジュールを予定している.ただし,諸事情により変更の可能性がある.

2017年11月1日(水) 事前エントリー〆切

2018年1月10日(水) 論文投稿〆切

2018年2月28日(水) 査読結果の返送

2018年3月28日(水) 修正論文の提出〆切

2018年4月28日(土) 再査読結果の返送(採否決定を予定)

2018年5月30日(水) 完成稿提出の〆切

2018年9月 1日(土) 『認知科学』第25巻3号掲載

以上.

日本認知心理学会会員の皆様:
(複数のMLにご案内をお送りしております。重複ご容赦ください。)

***一般演題申込締切を 8月7日(月)まで延長しました***

日本認知心理学会高齢者心理学部会の第15回の研究会を以下の通りで開催します。
特別講演と発表希望の方による一般演題を行いますので、皆様の発表・参加をお待ちしております。

特別講演は、
Saldinia (Blue Zoneと呼ばれる世界で5つある長寿エリアのひとつ)
で研究を行っている
Dr. Maria Chiara Fastame (Università degli studi di Cagliari) による
「The contribution of metacognition to ageing well in Sardinia.」と
Dr. Paul Hitchcott (Università degli studi di Cagliari) による
「Cognitive lapses and ageing in the Sardinian blue zone population.」
を予定しています。

一般演題での発表をご希望の方は、
8月7日(月)までに、お名前、ご所属、タイトルを
石松(滋慶医療科学大学院大学) k-ishimatsu[a]ghsj.ac.jp ※[a]→@に
までご連絡ください。 大学院生の発表を歓迎いたします。
皆様のご発表,ご参加をお待ちしております。

なお,夕方17時半頃より懇親会(新大阪駅周辺)を予定しております。
こちらの方も是非ご参加ください。会場セッティングの都合上,
8月19日(土)までに参加希望の方は予めメール(k-ishimatsu[a]ghsj.ac.jp)をお送りください。

どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------
○日付
2017年8月26日(土)13時~17時


○会場 滋慶医療科学大学院大学 9階視聴覚大講義室
  URL:http://www.ghsj.ac.jp/access

○スケジュール
13:10-14:40(特別講演)
Dr. Maria Chiara Fastame (Università degli studi di Cagliari )
「The contribution of metacognition to ageing well in Sardinia.」
Dr. Paul Hitchcott (Università degli studi di Cagliari )
「Cognitive lapses and ageing in the Sardinian blue zone population.」

14:50-16:40(一般演題:4名)(発表15分+議論10分)※途中休憩有
-------------------------

日本認知心理学会高齢者心理学部会
代表者: 権藤恭之 (大阪大学)
事務局: 熊田孝恒 (京都大学) 石松一真(滋慶医療科学大学院大学)
サイト: http://cognitiveaging.jp/

学会員の皆様,
(重複してお受け取りの方はご容赦下さい)

<開催案内>
電子情報通信学会
ヒューマンコミュニケーション基礎研究会

HCS:http://www.ieice.org/~hcs/

[テーマ]
「社会とコミュニケーションおよび一般」
私たちの社会はコミュニケーションに満ちており,

コミュニケーションによって社会が形成されているといっても過言ではありません.その方法は多岐に渡り,直接的な対面コミュニケーションだけに留まらず,SNSによるコミュニケーションも今や社会にとって重要な存在となりました.その一方で,社会によってコミュニケーションが制約を受けることもまた事実です.コミュニケーションのあり方を考えるうえで,現実の環境や状況の力を軽視することはできません.

そこで今回の研究会では,社会を切り口としてコミュニケーションを研究した発表を幅広く募集します.対人コミュニケーション研究はもちろん,集団研究や集合現象に関わる研究,計算機や機械とのコミュニケーションに関する研究 (e.g., インターフェイスやヒューマン・エージェント・インタラクション) も範疇に含みます.また,これらのテーマに直接関わらないヒューマンコミュニケーション一般の研究発表についてもご応募をお待ちしております。

【開催日程】 2017年10月26日(木)~27日(金)
【開催場所】 東広島芸術文化ホールくらら
〒739-0015 広島県東広島市西条栄町7-19
http://kurara-hall.jp/

【招待講演】 釘原 直樹 先生(大阪大学大学院人間科学研究科)
講演タイトル: 集団と悪

【申込締切】 2017年8月22日(火)
【原稿締切】 2017年10月4日(水)
【注意】 原稿枚数は6ページまで.発表費,参加費,聴講費は無料.

[発表申込方法]
以下の発表申込システムをご利用下さい.
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-HCS

[問い合わせ先]
藤原 健(大阪経済大学) E-mail: ken.fuji[at]osaka-ue.ac.jp
井上智雄(筑波大学) E-mail: inoue[at]slis.tsukuba.ac.jp

1.仕事内容:
研究課題「顔と身体表現の文化差の形成過程」のポスドクを募集します。
乳児を対象とした実験なので,それに関する業務もあります。

参考URL:
http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~ymasa/index.html
http://www.fennel.sci.waseda.ac.jp/kao-shintai/


2.応募資格:
視覚認知全般・顔認知などについての研究業績を有していること.

3.募集⼈員: 2名

4.雇⽤期間: 採⽤決定後できるだけ早い時期〜平成30年3⽉31⽇

5.給与: 時給制 1,350円~(学内規程により決定)

6.勤務地: 中央⼤学多摩キャンパス 〒192-0393 東京都⼋王⼦市東中野742-1

7.勤務⽇・勤務時間: 応相談

8.提出書類:
履歴書(写真貼付),研究業績リスト,主要論⽂別刷(3編以内,コピーで可)、
参考意⾒を伺える⽅の⽒名および連絡先(2名)

9.応募締切: 2017年8⽉末⽇(必着)

10. 選考⽅法:
書類選考後,⾯接を⾏います.
その際の旅費,滞在費は応募者の⾃⼰負担とします.

11. 書類提出先・問合せ先:
〒192-0393東京都⼋王⼦市東中野742-1 中央⼤学⽂学部⼼理学研究室
山口 真美 宛
E-mail: yamalab[at]tamacc.chuo-u.ac.jp([at]を@に変更してください。)

ご応募の際は「研究員応募書類在中」と朱書きしてください.
なお,応募書類は返却いたしません.

12. その他:
提出していただいた書類に含まれる個⼈情報は選考以外の⽬的には使⽤しません.

新学術領域研究「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築
―多文化をつなぐ顔と身体表現(略称:顔・身体学)」は,
顔と身体表現に見られる文化的多様性を検討することにより,
様々な文化が交わる現代における人々の相互理解と共生を考えるための
研究の視座を提供することを目指して発足しました(平成29年度より5年間)。

つきましては,以下の日程にて,公募研究の説明会を兼ねた
本領域のキックオフシンポジウムを行いますので,ご案内いたします。
参加登録および参加費は不要です。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。


<関西地区>
日時: 9月10日(日) 15:45~16:45
場所: 関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパスB号館103号室
(顔学会主催「フォーラム顔学2017」ジョイント企画)


<関東地区>
日時: 9月11日(月) 13:00~14:30
場所: 東京女子大学24号館24202教室


【領域紹介】
山口真美(中央大学)

【計画班紹介】
A01-P01 顔と身体表現の文化フィールドワーク研究
床呂郁哉(東京外国語大学)
A01-P02 顔と身体表現の多文化比較フィールド実験研究
高橋康介(中京大学)
B01-P01 顔と身体表現の文化差の形成過程
山口真美(中央大学)
B01-P02 顔と身体表現における潜在的・顕在的過程
渡邊克巳(早稲田大学)
B01-P03 顔と身体表現における感覚間統合の文化間比較
田中章浩(東京女子大学)
C01-P01 顔と身体表現の比較現象学
河野哲也(立教大学)


<お問い合わせ先>
連絡先: contact[at]kao-shintai.jp([at]を@に変更してください。)
領域サイト: http://kao-shintai.jp

Photos

  • 20141118.JPG
  • 2014sympo02.jpg
  • 2014sympo01.jpg
  • 20140319.jpg
  • DSCF0469.JPG
  • DSCF0430.JPG
  • 2012sympo03.jpg

タグクラウド

Powered by Movable Type 4.0