2017年3月アーカイブ

Authors:
Hidehito Honda
Yuichi Washida
Akihito Sudo
Yuichiro Wajima
Keigo Awata
Kazuhiro Ueda

Title:
The difference in foresight using the scanning method between experts and non-experts

Journal:
Technological Forecasting and Social Change

doi:
10.1016/j.techfore.2017.03.005

論文URL:
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S004016251730313X

Abstract:
We examined the factors that produce differences in generating scenarios on the near future using the scanning method. Participants were asked to briefly read (scan) 151 articles about new technology, the latest customs, fashion, social change, value system transition, or emerging social problems, and then to generate three scenarios about the near future based on the articles. We compared the generated scenarios between scanning method experts and non-experts with no prior experience with the scanning method. We found that experts generated more unique scenarios than non-experts did, and that experts and non-experts differed in the diversity of articles referenced when generating scenarios. We discuss the relationship between the present findings and previous findings on divergent thinking.

著者Contact先の email:
[at]を@に変換してください
Hidehito Honda, hitohonda.02[at]gmail.com
Kazuhiro Ueda, ueda[at]gregorio.c.u-tokyo.ac.jp

日本語によるコメント
現実のビジネス場面で用いられている近未来(15-20年)に関する発想支援法である未来洞察法のエキスパート(コンサルタント)と、それを初めて用いるノンエキスパート(会社員)の間で、アイデア生成の際に見られる違いを実験的に検証しました。結果として、エキスパートはノンエキスパートに比べ、多様な視点を持ち、より独創性の高いアイデアを生成していることを明らかにしました。この知見から、現実のビジネス場面において、
より創造性の高いアイデアを発想するための支援に関して、議論と提言を行いました。

認知心理学研究に役立つ知識やスキルを提供するセミナーを開催いたします。
今回は比較的大人数の実験参加者を用いた実験・調査に関わるトピックについて
3名の講師による主に大学院生を対象としたベーシックセミナーです
(学部生、社会人の方のご参加も歓迎いたします)。
日本認知心理学会第15回大会の前日、筑波大学・東京キャンパス(茗荷谷)にて
開催いたします。皆様奮ってご参加ください。
※ 参加をご希望の方はメールにて事前にお申し込みください。
※ 本大会とは会場が異なりますのでご注意ください

日時 : 2017年6月2日(金) 13時~18時

場所 : 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 134講義室
アクセス:http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

会費 : 当日受付で徴収
(会員の場合:学部生 無料、院生 無料、社会人4000円)
(非会員の場合:学部生 無料、院生2000円、社会人5000円)
会員、学部生、院生の方は当日の受付にて会員番号や学生証をご提示ください。

申込み締切り: 2017年5月26日 (金)

申込方法 :メールにて事前申し込み (先着150名)
認知心理学会事務局宛にお申し込みください。
<e-mail: g-office[at]cogpsy.jp [at]は@に変えて下さい
メールの件名を「ベーシックセミナー参加申込」として
氏名、所属、連絡先 (メールアドレス)、会員・非会員の区分、
学部生・院生・社会人の区分をお知らせください。

プログラム

12:30 受付開始

12:50 開会の辞

13:00~14:30「基礎から学ぶ質問紙調査法」
東 正訓(追手門学院大学)

14:30~16:00「jsPsychを使ってウェブブラウザで心理学の実験や調査をやってみよう」
黒木大一朗(九州大学)

(休憩15分)

16:15~17:45「PEBLを利用した簡便な心理実験環境の構築」
前川 亮(追手門学院大学)

17:45 閉会の辞

平素より、文部科学行政にご理解、ご協力を賜りましてありがとうございます。
文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課人材政策推進室でございます。

文部科学省では、優れた若手研究者に対し、産学官の研究機関をフィールドと
して、安定かつ自立した研究環境を実現するため、「卓越研究員事業」を平成
28年度より実施しております。

本事業について、申請予定の若手研究者へ向けて、公募説明会を開催すること
といたしましたので、ご案内いたします。
本説明会では、文部科学省からの説明後、本事業で一覧化公開されたポストを
提示した大学、企業等による個別ポストの説明の場も設定しておりますので、
以下のURLにアクセスいただき、興味関心のある学生、若手研究者に積極的に
ご参加いただければと考えております。
ついては、本事業及び説明会について、所属会員の方へ周知いただけますと幸
いです。
○公募説明会(申請者(若手研究者)向け)
 ・日時:平成29年3月29日(水)13:00~14:00
  ※一覧化公開ポスト提示機関による個別ポスト等の説明(14:00~18:00)
 ・場所:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区)

本事業に関してご不明な点がございましたら、下記連絡先にお問合せ下さい。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

【事業トップページ】
http://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/takuetsu/index.htm
【申請者向け公募説明会】
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1383029.htm
【一覧化公開ポスト】
http://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/takuetsu/1383035.htm

(連絡先)
 文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課人材政策推進室
 電話:03-5253-4111(代表)、03-6734-4021(ダイヤルイン)
 Email:takuetsu[at]mext.go.jp [at]は@に変えて下さい
The 11th ICCS (ICCS 2017) will take place from Friday September 1st through to Sunday September 3rd, 2017 in Taipei. The conference will be held at the GIS Convention Center located on the campus of National Taiwan University (http://iccs2017.conf.tw). 

The aim of the International Conference on Cognitive Science (ICCS) is to bring together researchers from various disciplines of cognitive science in both academia and industry, to discuss the latest research, application and development in the field. We invite abstracts from all fields of cognitive science, including but not limited to the following topics:

Animal Cognition
Artificial Intelligence
Brain, Learning, and Development
Cognitive Anthropology
Cognitive Development
Cognition and Culture
Cognitive Linguistics
Cognitive Modeling
Cognitive Neuroscience
Cognitive Psychology
Cognition and Visualization
Computer Science
Computational Neuroscience
Consciousness
Decision Making
Education
Ergonomics
Functional Brain Imaging
Human Intelligence
Human-Machine Interaction
Intelligent Systems
Learning Technology
Philosophy of Mind
Robotics

Keynote lectures will be given by Professor Stanislas Dehaene (Collège de France, France), Professor Lian-Gee Chen (National Taiwan University, Taiwan), and Professor Ernst Pöppel (Ludwig-Maximilians-Universität München, Germany).

The contributed presentations will be either 15 minute oral presentations in parallel sessions, or posters. The abstracts (max length 300 English words) will be published on-line. The (extended) deadline for submitting an abstract is March 25th, 2017 (http://iccs2017.conf.tw/site/page.aspx?pid=150&sid=1121&lang=en).

Taipei is the home of Taipei 101, currently one of the tallest buildings in the world, and the National Palace Museum, with the world's most sophisticated collection of Chinese art and antiques. Within a short drive, the famous marble Taroko Gorge, sub-tropical forests covering towering mountains and rising cliffs overlooking the Pacific Ocean are all within your reach.

Please join us in a meeting that will both stimulate your mind and senses at ICCS 2017, Taiwan.

Sincerely,

The Organizing Committee of ICCS 2017
 
        
Authors: Kuribayashi, R., & Nittono, H.

Title: High-resolution audio with inaudible high-frequency components induces a relaxed attentional state without conscious awareness (聞こえない高周波成分を含むハイレゾ音源を聞くと意識には上らないがリラックスした注意状態が生じる)

Journal(書誌情報): Frontiers in Psychology, 8:93

doi: 10.3389/fpsyg.2017.00093

論文URL:

Abstract: High-resolution audio has a higher sampling frequency and a greater bit depth than conventional low-resolution audio such as compact disks. The higher sampling frequency enables inaudible sound components (above 20 kHz) that are cut off in low-resolution audio to be reproduced. Previous studies of high-resolution audio have mainly focused on the effect of such high-frequency components. It is known that alpha-band power in a human electroencephalogram (EEG) is larger when the inaudible high-frequency components are present than when they are absent. Traditionally, alpha-band EEG activity has been associated with arousal level. However, no previous studies have explored whether sound sources with high-frequency components affect the arousal level of listeners. The present study examined this possibility by having 22 participants listen to two types of a 400-s musical excerpt of French Suite No. 5 by J. S. Bach (on cembalo, 24-bit quantization, 192 kHz A/D sampling), with or without inaudible high-frequency components, while performing a visual vigilance task. High-alpha (10.5-13 Hz) and low-beta (13-20 Hz) EEG powers were larger for the excerpt with high-frequency components than for the excerpt without them. Reaction times and error rates did not change during the task and were not different between the excerpts. The amplitude of the P3 component elicited by target stimuli in the vigilance task increased in the second half of the listening period for the excerpt with high-frequency components, whereas no such P3 amplitude change was observed for the other excerpt without them. The participants did not distinguish between these excerpts in terms of sound quality. Only a subjective rating of inactive pleasantness after listening was higher for the excerpt with high-frequency components than for the other excerpt. The present study shows that high-resolution audio that retains high-frequency components has an advantage over similar and indistinguishable digital sound sources in which such components are artificially cut off, suggesting that high-resolution audio with inaudible high-frequency components induces a relaxed attentional state without conscious awareness.

著者Contact先の email: nittono[at]hus.osaka-u.ac.jp (入戸野 宏)

日本語によるコメント: 耳には聞こえない高周波成分(> 20 kHz)を残したディジタル音源(ハイレゾ)と,それをカットした同じ音源は,意識的には区別できません。しかし,前者を聴取すると脳波のアルファ帯域パワーが増大します。その心理学的意義を調べるために,今回の実験では,2つの音源間で視覚ヴィジランス課題の成績を比較しました。その結果,高周波成分を残した音源を聴くと,アルファ帯域パワーが増えるが,行動成績は低下しないこと,事象関連電位のP3(P300)成分の振幅が聴取期間の後半で増加することが分かりました。これらの知見は,高周波帯域を残した音源は,眠気を誘うのではなく,注意状態を高める効果があることを示唆しています。

Authors: Tagai, K., Shimakura, H., Isobe, H., & Nittono, H.

Title: The light-makeup advantage in facial processing: Evidence from event-related potentials (顔処理におけるライトメークの優位性:事象関連電位による証拠)

Journal(書誌情報): PLoS ONE, 12(2): e0172489

doi: 10.1371/journal.pone.0172489

論文URL:

Abstract: The effects of makeup on attractiveness have been evaluated using mainly subjective measures. In this study, event-related brain potentials (ERPs) were recorded from a total of 45 Japanese women (n = 23 and n = 22 for Experiment 1 and 2, respectively) to examine the neural processing of faces with no makeup, light makeup, and heavy makeup. To have the participants look at each face carefully, an identity judgement task was used: they were asked to judge whether the two faces presented in succession were of the same person or not. The ERP waveforms in response to the first faces were analyzed. In two experiments with different stimulus probabilities, the amplitudes of N170 and vertex positive potential (VPP) were smaller for faces with light makeup than for faces with heavy makeup or no makeup. The P1 amplitude did not differ between facial types. In a subsequent rating phase, faces with light makeup were rated as more attractive than faces with heavy makeup and no makeup. The results suggest that the processing fluency of faces with light makeup is one of the reasons why light makeup is preferred to heavy makeup and no makeup in daily life.

著者Contact先の email: keiko.tagai[at]to.shiseido.co.jp (互 恵子),
nittono[at]hus.osaka-u.ac.jp (入戸野 宏)

日本語によるコメント: 前報(Frontiers in Psychology, 2016, http://dx.doi.org/10.3389/fpsyg.2016.00226)において,ナチュラルなライトメークは,濃いヘビーメークよりも再認成績がよいことを報告しました。今回は,ライトメークを見た直後の脳電位を測定することで,化粧顔の処理について検討しました。ライトメークは,素顔やヘビーメークに比べて,N170成分(刺激提示後120-170 ms)の振幅が小さくなりました。それ以前のP1成分(80-110 ms)の振幅には差が認められませんでした。この知見は,濃すぎないナチュラルなメークを行うことにより,顔を見たときの処理が容易になることを示しています。印象評価では、ナチュラルメークの方がヘビーメークよりも魅力的と評価されていました。

日本認知心理学会会員のみなさま
(複数の学会MLにお送りしております。重複ご容赦ください。)

今週11日(土)に,第7回 Society for Tokyo Young Psychologists を開催いたします。

Society for Tokyo Young Psychologistsは,若手研究者に対して,異分野交流の
場とキャリア育成のための知識を提供すること,研究者を目指す方に対しては,
早い段階における研究発表の体験を提供することを目的としています。

参加をご希望の方は,ホームページにて事前参加登録のお手続きをお願いいたします。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

<日時>     2017年3月11日(土) 10時~18時
<場所>     早稲田大学文学部 戸山キャンパス (東京・早稲田)
<参加費>    無料

[招待講演] 13:20~15:30
・ 浅井智久先生(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)
「感覚運動システムにおける自己と他者:予測誤差,主体感,統合失調症」
・ 大山寧寧先生(日本赤十字社医療センターメンタルヘルス科)
「自殺未遂者ケアと自殺予防:総合病院における臨床心理士の役割」

[スモールトーク]
吉原将大(早稲田大学文学研究科 / 学術振興会特別研究員)
「面接のための効果的なプレゼンテーション― 学振面接の事例を通して―」

<公式HP>    https://styp.wordpress.com/
<お問い合わせ>  stypsych[at]gmail.com [at]は@に変えて下さい

日本認知心理学会会員のみなさま
(複数のMLに流しておりますので,重複して受け取られた方はご容赦ください)

千葉大学西千葉キャンパスにて、下記の要領でシンポジウムを開催いたします。
興味のある方はぜひご参加ください。

============================================================
Meta-Adaptive Intelligent System (MAIS)-Project シンポジウム
============================================================

日時:2017年3月17日 (金) 13:00-17:00
場所:千葉大学西千葉キャンパス
工学系総合研究棟2 2F コンファレンスルーム
主催:千葉大学融合科学研究科プロジェクト「メタ適応知性システムの構築」

プログラム
13:00 Opening

13:00-13:20 Introduction of MAIS-Project
Prof. Yoshitsugu Manabe (Chiba University)
13:20-13:40 Pedestrian Navigation Application
Prof. Makoto Ichikawa (Chiba University)
13:40-14:00 Environmental Information Collection System with IoT
Associate Prof. Nobuyoshi Komuro (Chiba University)

14:10-15:10 Lab-forming Field and Field-forming Lab
Dr. Takeshi Kurata (AIST)

15:20-16:35 Visual Perception and Adaptation in Natural and Unnatural
Environments
Prof. Michael A. Webster (University of Nevada, Reno)
(Abstractは下記)

16:35    Closing

-----------------------------------------------------------
Visual Perception and Adaptation in Natural and Unnatural Environments
Prof. Michael A. Webster (University of Nevada, Reno)

Processes of adaptation continuously adjust visual sensitivity to match
the characteristics of the current environment. These adjustments affect
most aspects of perception, inducing large differences in visual
experience when he same observer is exposed to different worlds, while
similar experiences when different observers are exposed to the same
world. I will explore the consequences of these adaptation effects for
understanding how perception and visual performance can vary within
both the natural environments we evolved in, and the increasingly
artificial and specialized technological environments to which humans
are currently exposed. To the extent that we understand the statistics
of the environment and how vision adapts to them, the perceptual
consequences of adaptation can be modeled and potentially optimized by
adapting images to match the observer.
-----------------------------------------------------------
※ 参加費は無料・事前申し込み不要です。

※ 講演は英語で行われます。

※ 千葉大学へのアクセスは、下記URLをご覧ください。
http://www.chiba-u.ac.jp/access/

工学系総合研究棟2は、南門から入り東通りを5分ほど北進したところにあ
る建物です。下記URLの地図では、工学部(青のエリア)の11番と13番の建物の
東隣に位置しています。
http://www.chiba-u.ac.jp/campus_map/nishichiba/index.html

問い合せ先:千葉大学・融合科学研究科(文学部) 木村英司
Email: eiji.kimura[at]chiba-u.jp [at]は@に変えて下さい

========================================================================

  第33回国際精神物理学会大会(Fechner Day 2017)開催および発表募集のご案内

    http://fechnerday.com/fd2017/

========================================================================



2017年10月22日(日)~ 26日(木)に,九州大学芸術工学研究院 応用知覚科学研究センター主催にて,下記の要領で第33回国際精神物理学会大会(通称 Fechner Day 2017)を開催いたします.



本大会では,以下のテーマを中心として,皆様のご発表ならびに
シンポジウムのご提案を募集しております.
(下記以外のテーマでのご応募も歓迎いたします)
 ・Sensory processes
 ・Perception of space and time
 ・Cross-modal processing
 ・Psychophysical methods
 ・Mathematical and computational models
 ・Animal psychophysics
 ・History and philosophy of psychophysics
 ・Cognitive factors in psychophysics (e.g. memory, attention)
 ・Practical applications
どうぞ奮ってご参加,ご発表くださいますようお願い申し上げます.


招待講演として,
視覚ならびに聴覚・言語の精神物理学研究にて国際的にご活躍されている,
本吉勇先生(東京大学)と Robert J. Hartsuiker 先生(Ghent University)に
ご講演いただきます.
会期中には,招待講演のお二人を交えた懇親会も予定しております.


皆様の周りの方やお知り合いの方にも,本大会参加のお声かけをいただけますと幸いです.
皆様のご応募を心よりお待ちしております.



【日時】 2017年10月22日(日)~ 10月26日(木)
【場所】 電気ビル 共創館&本館
     〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    http://www.denki-b.co.jp/company/map18.html
【主催】 九州大学芸術工学研究院 応用知覚科学研究センター
【組織委員会】 中島祥好(委員長),上田和夫,Gerard B. Remijn (九州大学)


【シンポジウム提案の申し込み締切】 2017年4月7日(金)(JST)
【発表申し込み(アブストラクト)締切】 2017年5月5日(金)(JST)
【発表抄録提出締切】 2017年6月30日(金)(JST)


お申し込みの詳細は,以下のページをご参照ください.
 http://fechnerday.com/fd2017/html/submission.html
お申し込みならびにお問い合わせは,メールにて受け付けております.
 fd2017[at]design.kyushu-u.ac.jp ([at]を@に変えてメールをお送りください)


【連絡先】
Web site:http://fechnerday.com/fd2017/
E-mail: fd2017[at]design.kyushu-u.ac.jp ([at]を@に変えてください)
Twitter:https://twitter.com/FechnerDay2017/
Facebook:https://www.facebook.com/Fechner-Day-2017-108410649662965/