国際ジャーナルへの論文掲載情報

|

Authors:
Hidehito Honda
Yuichi Washida
Akihito Sudo
Yuichiro Wajima
Keigo Awata
Kazuhiro Ueda

Title:
The difference in foresight using the scanning method between experts and non-experts

Journal:
Technological Forecasting and Social Change

doi:
10.1016/j.techfore.2017.03.005

論文URL:
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S004016251730313X

Abstract:
We examined the factors that produce differences in generating scenarios on the near future using the scanning method. Participants were asked to briefly read (scan) 151 articles about new technology, the latest customs, fashion, social change, value system transition, or emerging social problems, and then to generate three scenarios about the near future based on the articles. We compared the generated scenarios between scanning method experts and non-experts with no prior experience with the scanning method. We found that experts generated more unique scenarios than non-experts did, and that experts and non-experts differed in the diversity of articles referenced when generating scenarios. We discuss the relationship between the present findings and previous findings on divergent thinking.

著者Contact先の email:
[at]を@に変換してください
Hidehito Honda, hitohonda.02[at]gmail.com
Kazuhiro Ueda, ueda[at]gregorio.c.u-tokyo.ac.jp

日本語によるコメント
現実のビジネス場面で用いられている近未来(15-20年)に関する発想支援法である未来洞察法のエキスパート(コンサルタント)と、それを初めて用いるノンエキスパート(会社員)の間で、アイデア生成の際に見られる違いを実験的に検証しました。結果として、エキスパートはノンエキスパートに比べ、多様な視点を持ち、より独創性の高いアイデアを生成していることを明らかにしました。この知見から、現実のビジネス場面において、
より創造性の高いアイデアを発想するための支援に関して、議論と提言を行いました。

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、officeが2017年3月22日 11:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本認知心理学会ベーシックセミナーのお知らせ」です。

次のブログ記事は「国際ジャーナルへの論文掲載情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0